メインページに戻る
過去ログ

帰ってきたサラリーマン

羽田空港からも富士山って見えるんですね。もっとはっきり見えた気がするんですが、携帯のカメラだとよくわからない事になってますな……

ようやく長い出張が終わって帰ってまいりましたよ。実際は先週に帰ってきていたんですが、一週間の間何をしていたんだろう。 そして向こうに行ってる間に「中二病」の2期が終わってしまいました。今期は凸モリが幸せそうで実によかった…… このコンビ主人公でOVAを出すといいと思うよ!

さて、某国営企業様の直轄部隊には今までも何度かいったことがあるのですが、これほど長期間接していたのは初めてでした。 何と言いましょうか、「噛めば噛むほど味が出る」スルメのようなオモシロぶりでした。また行きたいかと言われればもう結構ですが。

SIerといえば仕様変更、というのはいまやこの業界にいなくても誰もが知っている基礎知識です。 しかし
「あっちのチームが仕様変更したのにウチも仕様変更しないのは負けだと思っている」
という理由で要件定義レベルでひっくり返すのはここと不死痛くらいじゃないですかね。

アプリケーションだけではなく、DB構築、ネットワーク、さらには他社間との回線まで影響するような案件とあれば、 先にそれぞれの担当が顔合わせて出来ることと出来ないことの検討だけでもつけておきそうなものなんですが、 ここの会社はそれぞれ自分の都合で好き勝手に作った仕様を後から突合せ、自チームの「勝利を勝ち取る」ことを至上とするという。 逆に他チームの仕様を受け入れるのは「軍門に下る」に等しいのだという… そんなことしてっからお客さんにケツ拭かせて訳のわからん制約を被せることになるんだろうに。

まぁそんな商売やってるからお財布の具合も悪くなってきてるのか、 経費削減のために本番系の機材をお客さんに無断で撤去したら連休前のピーク時にリソース不足で異常終了(COBOLer風に言えば「アベンド」ですね)、 ついでにちょうど上手い時期に「我が社が決めた運用方針に身分をわきまえず反抗するなどとんでもない」 という理由で障害時のリカバリ手段を導入しなかったせいでリカバリできず、 DBが不整合のまま後続のバッチも強制的に突っ走らせて数日分のデータがぶっ壊れたという愉快な状況で、 ゴールデンウィーク丸ごと復旧に費やしたようですね。 もちろん契約外の作業なので我々は手伝いませんでしたが。

そういえば最近アクセスログの中にSIer様からのアクセスがちょくちょくありまして、 検索キーワードから察するに社内の「裏切り者」を探そうとしているのは勝手ですけど、 そんな事してる暇があるならちょっとは品質向上のための努力でもしたらどうなんですかね。 日経関係の雑誌やら各種技術者サイトのインタビューでたれてる偉そうな理想論が自社内に全く活かされてないじゃないですか。

品質と言えば、なんでSIerというやつはExcel方眼紙、特にマトリクスでの表現するのがこんなに好きなのか。 もちろんマトリクスが適している表現があるのは間違いないんですが、 「業務グループ名の一覧と、各グループに対応する業務」みたいな表をマトリクス化して 表の対角線上以外がほとんど空白、なんて表にされても余計わかりにくんですが…… 考慮すべきパラメータが3つ以上、なおかつ各パラメータの値域が広くて組み合わせが爆発を起こして フルHDの画面でもまったく収まらない広大な表になってることも多々ありますしね。

別のパターンだと、セルの中にやたら長い文章を書いてて高さが大変な事になったり、 あるいはセルの幅が狭くて折り返しまくりの超読みづらい文章になったり。


話は変わりますが、東京にいる間にノートPCを新調しました。今春亡き者になったソニー、VAIO事業部の最後の製品の一つであるVAIO Pro 11です。 今まで使っていたTypeTでもまだまだ使えるけど、すこしくらい散財しないとやってられん!

Type TPro 11
CPUC2D U7600 (1.2GHz)Core i5 4200U (1.6GHz 〜 2.6GHz)
めもり2GB4GB
HDD/SSD64GB128GB
OSVista → Win8.1Win8.1
画面11.1' 1366x76811.6' 1920x1080
でんち12hrs11hrs
277mm285mm
奥行き198mm197mm
厚み23mm14mm
重さ1.3kg870g

見ての通り、全てのスペックで今まで使っていたType T TZ-91から順当にスペックアップになりました。 オーナーメイドが理想だったんですが、出張中でホテル住まいしている間にVAIO事業の身売りで受注を打ち切られてしまいました。 もっとも、身売り直前の商品ラインナップからしてシリーズ名と製品スタイルの一貫性が取れてないとか、DuoとFitで方向が被りまくりとか、 カタログのページを埋めることしか頭にないんだなというのが伺えて泣けてくる状況でしたし、 ものづくりの会社を営業が仕切りだした典型的な末路という感じですよね。

幅と高さはあまり変わってないんですが、薄く軽くなってるので出張で持っていくにはありがたいです。 バッテリーに関してはオプションを買えば24時間持つようになるそうですが、まぁ今となっては電車通勤することもなくなりましたから、 せいぜい飛行機で移動する間くらいに持てばいいかなと。

性能はCore2Duo世代からHaswell世代まで数世代飛んでるだけあってさすがに快適です。Visual Studio 2013も余裕で動いてしまいます。 Type Tでは微妙にギクシャクしていたHexicがなんと滑らかに! ただ、SSDの書き込み寿命対策でマイドキュメントをSDカードにしたもんで、コンパイルに恐ろしく時間がかかるようになってしまいました。 そこんところはRAMディスクのドライバを導入して、作業するときはRAMディスク上にソース群をコピーして作業すれば快適に使えます。 編集したソースを元のフォルダに戻し忘れると悲惨ですが。

有線のLANポートがついていないので、ホテルで使うときのためにオプションのACアダプタに繋ぐ無線ルータを買ったんですが、 そのホテルも最近無線LANが解放されたので早速無用の長物になってしまいました。 まぁどこか別のホテルに泊まったときにでも使う機会はあるでしょう。

ところで、キーボードのコストダウンっぷりが半端無いんですけど、これはどうしたことでしょう。 メインのキーはまだしも、カーソルキーやファンクションキーのような小さ目のキーは常時グラグラしてて取れるんじゃないかって勢いなんですが。 スライドパッドに関しても、従来の左右クリック部分をパッド面と一体化させたせいで縁がグニャグニャしてて何考えてるんだってレベルです。 チャームやメニュー表示のための「タッチパネルの外からドラッグ」をスライドパッドでもできるのは面白いですが。 VAIO "Pro" という名前が何のプロを想定してるのかはわかりませんが、SSDモデルしかないことも含めてとてもプロユースに使えるとは思えないですよ。 Xperiaもそうなんですが、カタログスペックに載らないからといって手に触れる機会の多いインターフェイス部分を削るのは商品価値がだだ下がりですよ。

アプリケーションに関しては今まで使っていたものはほぼ問題なく動いているのですが、K2Editorだけが酷い文字化けになってしまいました。 公式サイトの掲示板によるとDelphi製のコンポーネントによる問題らしいんですが、VistaからアップグレードしたTypeTでは正常に使えていたのに、 同じWindows8.1でもアップグレードとプリインストールで何か違うんでしょうか。

K2Editorに代わってサクラエディタを試してみたところ、指定フォルダ以下のgrepをするときに対象を右クリックの「送る」で指定するのが上手くいかない… コマンドラインオプションで

GFOLDER=%1

を指定するはずなんだけど、%1をダブルクォートで囲んでも囲まなくても上手く指定されない。謎だ。


メインページに戻る
過去ログ