メインページに戻る
過去ログ

二月経過

出張中の暇潰しにスマホを買ってしまいました。SHARPのテンキーつきAndroid機、SH-02Dです。 中古とはいえ欠品なしで5000円ならまぁ良い買い物でしょう。 買ったものが実用になるかどうかはおいといて。

今後のスマホ業界にqwerty機は期待できるはずもないのですが、 せめてカーソルキーと決定キーくらいはハードウェアキーだったらなぁと思っていたところにちょうどいい機種で、 タクトスイッチをコチコチ押し込む感触は懐かしさをを感じると同時に、ガジェットをいじってる楽しさを感じさせます。 販売されていた当時、スマホ初心者を想定したカジュアル系という位置づけであったため、 ハイエンド系以外は売りっぱなしでサポートしないというドコモの政策通りAndroid2.3でアップグレードも無しなので既に将来は無いのが残念です。

初期状態でホームスクリーンが盛大に広げられているので、まずは画面数を3〜5画面くらいに減らし、 謎の「パーソナル領域」なる巨大ウィジェットを消去したところからが本番です。 本来はフリックでやるスクリーンの左右スクロールもキーが割り当てられていて、画面に触らなくてもキー操作のみで意外とスムーズにアクセスできます。

ブラウザのURL入力やメール、テキストエディタなどは懐かしのケータイ方式の入力を使います。 「けいたい」と入力するのに「222211411」と入力するようなアレです。 qwertyには劣るものの、日本語を入力する分には意外と速い。 しかしURLみたいに英数表記の入力にはスクリーンキーでqwerty入力したほうが速いかもしれない。

というか、Androidはデフォルトでテキストエディタ的なアプリが入ってないのがよろしくないですね。 前にLGから出ていた Optimus Chat もそうなんですが、入力の快適さを売りにする機種なのに 店頭のモックに肝心の入力を試すためのアプリが入ってないから良さが伝わらないんですよね。 この機種には一応「メモ」なるToDoと連携できるような付箋アプリが入ってるものの、使い勝手は微妙です。

アプリメニューは任意のグループ分けして表示できるのは便利そうなのですが、最初の表示が恐ろしく遅いのと、 SDカードにインストールしたアプリはデフォルトの「ダウンロードアプリ」以外の場所に移動させると 再起動時にアイコンが消えてしまうという大問題を抱えているので、あまり活用することは出来ません。 SDカードのアプリに対して認識が遅れるのはxperiaでも起こる問題なので、Android自体の問題を含んでるかもしれませんが、 テストやってりゃ気づくだろうとは思うんですけどね。

また、当時の国産スマホ全般的な話に漏れずストレージがケチられていて、 初期状態で350MB程度しか空いてません。なのでゲームなんか入れたら即アップデート不能に陥ってしまいます。 プリインストールのアプリだけでも自動アップデートに任せてたらたちまちストレージ不足になるので、面倒でも個別に確認すべきです。

それにしても、auでは後継機にあたるIS15SHが出ている事だし、ドコモ、ソフトバンクでもAndroid4.xでストレージを強化した後継機種が出ないもんかと思うんですが、 シャープはもう事業撤退済みでしたか。 今時珍しいハードウェアQWERTY搭載のNEC TERRAINは国内販売も輸入品のSIMフリー化も絶望的な感じだし、物理キーの未来は暗い。

前にFLIPOUTを使っていた時にも思っていたんですが、スライドを開けば通話、閉じれば終話と言うシンプルかつ直感的なギミックは ソフトウェアでは代替不可能な超大事要素ですよ。 何でもタッチパネルにすればいいというもんじゃない。 あと、Qiの無接点充電に対応してるのもいいですね。 MicroUSBは何度も抜き差しするのは不安になるし、大抵端子カバーがひどく開けにくいのでおくだけで充電できるのはとても嬉しい。

手放しで誉められる程良い機種かといえばもちろんそんなわけはなく、 まぁクソの役にもたたないプリインストールアプリ群はもちろん、 全世界が罵倒する不評振りのPaletteUIよりも何故かシンプルなホーム画面のほうが重いという不思議チューニング。 そして地味に気になるのがストラップ穴が本体右上という配置。手首に通すにせよ指だけ通すにせよストラップは手前のほうが良いのでは? そういえばWILLCOM03もスライドする側にストラップ穴がある謎仕様でした。 シャープは本体デザインするのにモックアップも作らないのか?


メインページに戻る
過去ログ