メインページに戻る
過去ログ

ジ・ウドン

今日は画像のうどん屋について語らねばならない。どこにあるなんと言う店なのかは教えないので各自探されたし。

まず語るべきはその値段の安さである。 社員食堂でもあるまいし、今時カツ丼、カツとじうどんが450円で食べられるなどなんという良心的価格。 きつねうどんなら350円。マンガの単行本よりも安いのだ。

向かいの喫茶店に単品1000円以内で収まる食事メニューがまるで無い事もあり、さらに良心的に感じる。

店舗自体が精神障碍者の社会活動支援施設をかねているので、もしかすると補助金が出ていて 価格を下げられるのかもしれない。それはそれでありがたい事だ。 その施設の性質故、手際が悪かったりたまに奥の方から奇声が聞こえたりするが、 そんな事は些細な問題だ。客の誰一人として気にしたりはしない。

そんな値段なら味はイケてないのではないか?という疑問もあると思う。 それはもっともな疑問だが、味については十分な出来映えである。麺は自家製麺で十分なコシがある。 手打ちではなく機械製麺なのだが、さすがに手打ちで麺を用意できるほど人手に余裕が無いのだろう。 残念ながらダシは出来合いのものを使っているようで、たまにパックを運んでいるところを見かける。 調べたところによるといくつかの支店を持つ店のようなので、まとめて作っているのだろう。

さて、私が注目したいのは上で挙げたカツとじうどんである。 その名の通り「カツとじ」をうどんにのせている、いってみればカツ丼のうどん版である。 これが美味いのだ。

なかでも、たまに盛りつけ担当がワイルドかつアグレッシブな人になることがあるようで、 揚がったカツと卵を馴染ませるという事をまるでやらずに うどんにカツぼーん! とき卵ばーん!! てな具合に乗せられてしまう事がある。 これだけ書くと雑な仕上がりのクソ店なのだが、この雑さが奇跡的に「美味くなってしまう」のである。

いまひとつ油切りされないままにダシ汁に放り込んでしまったカツは油に守られて ダシ汁の中でもサクサクの歯触りを保っている。 逆にダシ汁には肉の旨味を含んだ油が流れ出し、麺に肉の風味を行き渡らせる。 そして大して火を通さないままに乗せてしまった溶き卵はカツの旨味とうどんを逃がさないまま麺に絡むのである。 これは意図的にやろうとしても単なる油ギトギトの不味いうどんになってしまう事は容易に想像できる。 あくまで本人は普通に作ろうとした、という天然の偶然がこの美味さに結びついたのだろう。

補足しておくと、上記の奇跡的偶然が「起こらなかった」場合は普通のカツとじうどんが出てくる。 特に感動する要素は無く、普通に美味い、良心的な価格のうどんなので、あなたの運が悪かったとしても 十分に満足できるので安心してほしい。

他にお勧めをあげるとすれば「かき揚げうどん」(370円)。かき揚げは2個、うどんとは別の皿で出されるので、 1個はそのまま味わい、もう1個をうどんに載せて食べるのがお勧めである。

ところで、なぜ唐突にこんな話を始めたのか?という点であるが、 近所に新規オープンしたうどん屋が「おかゆうどん」とでも称すべき愉快なものを 800円以上ものナイス価格で出しているのを見て急に思い立ったからなんですけどね!


メインページに戻る
過去ログ