浜川崎 - Hamakawasaki -

2001年8月ごろ撮影

路線図を見るとこの駅は鶴見線と南武線が乗り入れているようだが、駅を示す○記号は別々に書いてあったりします。 どうなっているのかというと、両路線の駅は別々の敷地にあって、乗り換えの際には一度道路に出なければならないという 変則的な作りになっているのです。

隣の駅

JR南武線
Nanbu Line
川崎新町
Kawasaki-Shimmachi
JR鶴見線
Tsurumi Line
武蔵白石
Musashi-Shiraishi
昭和
Showa

鶴見線側の駅舎。珍しく跨線橋が設置されていて、券売機は跨線橋上に設定されているので 一応橋上駅舎…ということになるのでしょうか。


「鶴見線のりば」の古びた看板がいい雰囲気出してます。


この駅はNKK社員専用の出口が設けられています…が、海芝浦のように社員以外は出られないというわけではなく、 単に工場内に直接駅の跨線橋の一方が降りているというだけです。


跨線橋の奥にあるNKK社員専用出口。「社員以外立ち入り厳禁」という警告が物々しいです。


敷地に余裕がなかったのか、ホームの幅は若干狭めです。


こちらは南部線側の駅舎です。 自販機や券売機もしっかり設定されているほか、事務所として利用されていそうなスペースも左側に見えている 結構しっかりしたつくりの駅です。


駅舎はそこそこ立派なのですが、改札は鶴見線の各駅以上に簡素なものが設置されています。


ホームは島式ですが、片面のみが使用されています。 写真右側は柵が立てられていて、専ら貨物駅への侵入路として使用されています。


ホーム脇につくられた池。魚はいませんでした。


ベンチ。やけに平らだと思ったら、机の板を加工して作られていました。


停車中の101系。現在 (2018年) は既に廃止されていますが、この写真の撮影当時はまだ101系が稼働していました。


鶴見線

Tsurumi Line

< JR京浜東北線
鶴見
< JR京浜東北線
国道
鶴見小野
弁天橋
浅野
新芝浦
海芝浦
安善
武蔵白石
大川
JR南武線 >
浜川崎
昭和
扇町

路線一覧に戻る (return to railways list)
メインページに戻る (return to main page)