横浜中華街に行ってきた

田舎の感覚では東京から横浜というと大変遠いものだと思っていたのですが、 実は京急で数十分程度の距離だということを知り、さっそく横浜にお出かけしました。

People who do not live in the metropolitan area do not understand the feeling, but from Tokyo to Yokohama you can go by train in tens of minutes. So we took a break and went to see the Chinatown in Yokohama.

街並み (Townscape)

今となってはすっかり観光地なので、特に人通りの多いメインストリートはきっちり整備されていて フィクションでイメージされるようなカオスで雑多な雰囲気は特にありません。 メインストリートで土産物屋を散策しつつ、小腹が減ったら路地に入っていい感じの飯屋を探すというのが定番の歩き方ですかね?

Since the current Chinatown is being developed as a tourist site, it is clearly organized like a main street selling gifts and an alley with lots of restaurants. While looking for souvenirs on the main street, when hunger decreases it is better to enter the alley and find your favorite shop.

ちょっと路地に入るとこんな感じで雑多度があがります。さすがにクーロンズゲート的な異界とはいきませんが、 実際は画像で見るよりも人通りが多く呼び込みの声があらゆる方向から降ってくる騒々しさが非常にパワフルです。


町中に唐突にそびえる「横浜大世界」。 ビジュアル的には街を支配するボスキャラが住んでそうですが、実際は単なるテナントビルです。 チョコレート博物館なるものが入っていて楽しみだったのですが、思っていたより規模が小さくて残念な思いをしました。

There is a huge building called "Yokohama Daisekai" in the center of the city. It is a building that a villain looks like living in fiction, but in reality it is just a building.


中華街の四方を囲むように「牌楼(ぱいろう)」と呼ばれる門が建てられています。 四方の門は四聖獣の名が冠されていて、そう聞くとコンプリートしたくなるものなので見てきましたよ?

The gate "Pairou" is built to surround the four sides of the city. Each gate has the name of God that is said to protect the four sides.

ちなみに、街に対してまっすぐ東西南北ではなく、やや斜めに配置されています。 これは街並み自体が若干斜めになっているせいなんですが、すぐ目の前にある海岸線に並行しているわけでもないんですよね… なんだこの謎配置。


北側を守護する玄武門。 店が集まっているような場所からは離れているのでわざわざ見に来るような人はあまりいませんが 横浜スタジアムの近くなので、そのついでに見る人はいるかもしれません。

On the north side is a black gate with the name "Genbu". There are few shops around here, so tourists do not pass, but since it is near the stadium, people going to the stadium may pass.


東側を守護する朝陽門。 地下鉄から来た場合は最初にここを通るのでうっかりしてるとスルーしてしまいます。 青龍門ではないのは西の門に白虎門と名づけることを避けた煽りらしいです。

A blue gate is built in the east. This gate is the largest of the four. If you come to Chinatown from the subway it will go through this gate.


南側を守護する朱雀門。 近辺に特に何もないのでコンプリート目的でなければ特に立ち寄ることもないような気がします。

The south side is a red gate with the name of "Suzaku".


西側を守護する延平門。 JR石川町駅から中華街に行く場合はここを通ることになります。 観光地部分からは離れた場所になるので、地下鉄から来た場合は気づかない門だと思います。

On the west side a white gate is built. When you visit Chinatown from JR, you will pass through this gate.


関帝廟 (Kanteibyo)

中華街の中央に鎮座する関帝廟(かんていびょう)です。 関とは三国志でおなじみの関羽で商売繁盛を司るそうです。 その他の神様も祭られているあたりは日本らしいアバウトな感じです。

In the center of the Chinatown is a temple where the Kanu worshiped. Kanu is a real person in history, but in China it is often celebrated as a god of business.

関帝廟の隣には中華学校があり、時期によっては伝統のお祭りの練習する音が聞こえて賑やかな感じになっています。



戻る